2017.5.23

ナチュラルつけまで自然なデカ目を演出しよう

ナチュラルつけまで自然なデカ目を演出しよう

今流行のナチュラルメイク!

目元もマツエクでナチュラルに見せたり、

マスカラだけでナチュラルに見せたりしている人が増えていますよね。

つけまつげだと、どうしても派手になったり、つけた感が出過ぎてちょっと…と

避けている人もいるかと思いますが、実はつけまつげでも簡単にナチュラルまつげにできるんです。

つけまつげは良いことがいっぱい

fotolia_100997021_subscription_monthly_m

 

まつげエクステは確かに楽ですが、自まつげが抜けてしまったり、

短くなってしまったりと自まつげ自体に問題が起こってしまいます。

 

しかしつけまつげなら、自まつげを傷つけることがないので安心です。

また、まつげエクステだと、自分で簡単に取り外しができませんが、

つけまつげは簡単に取り外しができるので、その日の気分によって、

簡単に目元の印象を変えることができます。

 

現在では種類もとても豊富ですし値段もお手頃なので、

お試ししやすいのが特徴ですね。

ナチュラルつけまつげにするには?

fotolia_54319085_subscription_monthly_m

 

 

①つけまつげを付ける前に、アイシャドウ等は先に塗っておきましょう。

 

②ビューラーで自まつげをしっかりあげましょう。

 

③つけまつげを準備しましょう。

つけまつげの根本が黒いものは、目元をパッチリ見せる効果がありますし、

透明のものを選ぶとよりナチュラルな印象に見せることができます。

 

④端っこの余っている部分はカットしましょう。

長さがありすぎると目がチクチクしたり、いかにもつけている感がでます。

ポイントは目尻を長くしたり、3等分にカットしてつけることも

よりナチュラルに見せるポイントになります。

 

⑤新しいつけまつげの場合、芯が硬いので、曲げて柔らかくしましょう。

目元のカーブに合わせるためにも柔らかいほうが装着しやすくなります。

 

⑥ノリをつける。

この時にノリをつけすぎないように注意してください。

全体ではなく、チョンチョンとのせるだけでも良いです。

まぶたへの負担を考えるなら、二重用ノリのほうが負担が少ないのでオススメです。

 

⑦つけまつげをつけましょう。

つける場合は、目頭から数ミリあけ、黒目がある辺りからつけると良いでしょう。

手でおおまかにつけたら、ピンセットで目頭や目尻を整えましょう。

目尻は長めに見せるとデカ目効果があります。

 

⑧アイラインを引きましょう。

リキッドアイラインで、自まつげとつけまつげの隙間を埋めましょう。

アイラインで、多少のずれやはみ出してしまったノリを隠すことができます。

 

 

慣れてしまえば、とっても簡単にナチュラルつけまメイクが出来上がります。

つけまつげをつけるだけで、デカ目効果もありますので、

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

ただ、肌が弱い人はノリが合わない場合もありますので、

必ずパッチテストを行ってくださいね。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事