2017.5.23

20代の目の下のくまの原因はこれだった!

20代の目の下のくまの原因はこれだった!

20代だから、目の下のくまなんてまだまだ先の話だと思って油断をしていてはいけません。

10代のときは肌トラブルなんて無縁であったとしても、20代になると少しずつ不調が肌に現れてきます。

くまもそのひとつです。

20代のくまの原因はこれ

young woman getting sunlight. beauty and skincare concept.

 

10代の時の日焼けが20代になって影響します。

それがくまの原因になるのです。

スマホやパソコンなどを長時間みることによる目の疲労もくまの原因になります。

また、目をこすったり刺激を与えても、いけません。

目の周りの肌はデリケートなので、強い刺激にはとても弱いのです。

さらに、これらのくまをカバーしようとして、コンシーラーなどを目の下に塗るという行為もくまを余計にひどくする原因なのです。

対策をしっかりしてくまを解消しよう

fotolia_140285592_subscription_monthly_m

 

軽度のくまなら、自分で対策してカバーできます。

くまには青くまと黒くまの二種類があります。

青くまは血行不良が原因で、黒くまはたるみが原因の可能性が高いです。

 それぞれのくまにあった方法でしっかり対策をしましょう。

 

青くまに効く対策】

青くまは血行不良からきており、それを引き起こすのは冷え性も原因のひとつと言われています。

冷え性により肌の乾燥も招くので、保湿クリームはしっかり塗りましょう。

また、ホットタオルをまぶたの上にのせて血行を促進してあげるのもいいです。

 

 【黒くまに効く対策】

黒くまはたるみからきており、目の下に膨らみがあって影ができているようなものです。

黒くまは目の周りの筋肉を鍛えてあげることによって、解消できます。

 

では、目の周りの筋肉の鍛え方をご紹介します。

  1. まず目を軽く閉じます。
  2. 目をゆっくり固く閉じ、そのまま5秒ほどキープします。
  3. ゆっくり目の力を抜きます。
  4. 眉を上げて、一気に目を見開き、そのまま5秒間キープします。
  5. ゆっくり力をぬきます。

 

このトレーニングは入浴中など、血の巡りが良いときに行うと、更に効果的です。

 

まとめ

軽度のくまなら気軽に対策ができるので、チャレンジしてみてください。

もし重度であるならば、クリニックなどに相談しましょう。

20代のうちから放置せず、しっかり対処することが大切です。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事