2017.5.23

逆さまつげは自力で治せる?

逆さまつげは自力で治せる?

トラブルが多く、やっかいな逆さまつげなどの悩みを持っている人は少なくないでしょう。

眼病になることもあるので、できることならば今すぐ治した方が良いです。

そんな逆さまつげは、自力で治すこともできます。

気になる逆さまつげの治し方について紹介します。

一時的であれば治せる

 

Beauty Asian Girl, She using curler to have beautiful eyelashes.

結論から言うと、逆さまつげを自分で治すことはできません。

逆さまつげを治すには、やはり手術が必要といえるでしょう。

しかし、一時的だったら、逆さまつげを自分で治す方法がたくさんあります。

それでは見ていきましょう。

 

  1. ビューラーを使う

メイクをする女性の場合、ほとんどの方が日常で使われていると思われますが、

ビューラーでまつ毛を上げたり下げたりすることで、逆さまつげを防ぐことができます。

ただし、持続時間は2時間程度なので、本当に一時的な方法となります。

 

  1. まつ毛を抜く

これはあまりおすすめできませんが、逆さまつげになっている毛を毛抜きで抜くという方法です。

ただし、すべてのまつげを抜くことはできないので、数本が逆さまつげになってしまっているという方のみができる方法です。

まつ毛を抜くという行為は強い刺激を与えてしまうこともあるので、注意しましょう。

 

  1. まつ毛パーマをする

一番おすすめなのがまつ毛パーマです。

最近では手術などをするまえに、眼科などでもまつ毛パーマをおすすめされることが多いです。

まつ毛パーマは個人差がありますが、約1か月持ち、サロンでプロにやってもらえるのでリスクもありません。

ビューラーをする必要もなくなるので、毎日のメイクも多少楽になります。

ただし、毎月3000円程お金がかかってしまうという点は頭に入れておきましょう。

まつ毛パーマにはビューラーに挟んで固定するビューラー式と、理想のカールがつくれるロット式があります。

特に下まつげの場合、ロット式のほうが逆さまつげが改善しやすいので、まつ毛パーマをする際はロット式を選びましょう。

逆さまつげ対策をしよう

fotolia_95317806_subscription_monthly_m

 

今回逆さまつげは自力で治せることについて詳しくご紹介しました。

逆さまつげは、眼病をはじめ様々なトラブルの原因になります。

逆さまつげは、一時的に自力で対処できるので、少しでも逆さまつげ対策をすることをおすすめします。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事