2016.9.29

20代でも油断できない目元のくま

20代でも油断できない目元のくま

目の下のくまの多くは黒ずんだ「くま」

目の下のくまには赤みのあるものや、黒ずんだような青みのあるものがあります。

実際に目の下のくまの75%ほどは、黒ずんだような青くまだと言われています。

また、目の周りには多くの毛細血管が多く集まっていますが、

寝不足や疲労、ストレスなどで目の周りに血行不良が生じてしまうことも少なくありません。

血行不良によって黒ずんだ血液が肌から透けてしまうことで、青黒く見えることがあります。

目の下のくまは、このようなことが原因でできてしまう「青くま」であることが多いです。

この「青くま」ができてしまった場合、目の周りの血行を良くすることが最も大切です。

血行の改善には?

Foot spa

ホットパックや蒸しタオルなどをあてることにより、血行を改善しましょう。

また、目元を直接マッサージするのも血行が良くなるので おすすめですが、目の周りの皮膚は薄いため、強くこすることで色素沈着して、くまが悪化することもあるのでクリームなどを塗って、なるべく肌を摩擦しないようにし、
指に力を入れすぎないようにソフトタッチで行いましょう。

また、半身浴も全身の血行が良くなるのでおすすめです。

また、タバコは毛細血管の血流を著しく悪くするため、目の下のくまができる原因になることもあります。

20代でも目元のくまは油断できません

fotolia_46925350_subscription_monthly_m

20代でも目元のくまができてしまうことは珍しくありません。

寝不足や疲労、ストレスを溜め込むと、目の下にくまができる症状に悩まされることはあります。

特に寝不足でもなく疲労が溜まっていることもないのに、目の下にくまができることもあります。

普段から全身がむくみやすかったり、冷え性などで血行がよくない場合、目元も血行不良の可能性があります。

その場合、目の周りの毛細血管が黒ずんで透けて見えるために、うっすらと目元にくまが出てしまいます。

20代で元気いっぱいのはずが、目元にくまがあるために老けて見えたり不健康に見えてしまうこともあります。

疲れているわけでもないのに、目元にくまがあるだけで疲れが溜まっているように見られることもあります。

そのため、20代に見られないこともあってショックを受けることもあります。

ある程度、メイクなどで20代に見えるように目元をカバーすることもできます。

しかし、そのままにしておくと目の周りにしわが出てしまうこともあるため、
早めに対処することが大切です。

血行を改善するために蒸しタオルなどを目元にあてたり、マッサージをしたりすることで改善が可能なので試してみましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事


この記事と同じカテゴリの記事