2017.3.8

眼の動かし方で二重まぶたに!ポイントは眼を見開いて、上目遣い!?

眼の動かし方で二重まぶたに!ポイントは眼を見開いて、上目遣い!?

二重まぶたをつくる方法はネット上・本で多く紹介されています。

今回は、エクササイズで二重を目指しましょう。

「目の運動で二重!?」と思われるかもしれませんが、動かすことは目の周りのむくみ解消に繋がります。

むくみや目の周りの肉のせいで一重に見えている人も中にはいるので、もしかしたらあなたも……?

目を大きく見開く運動

Eyes of the Asian woman

目のまわりにも当然筋肉が存在します。

この筋肉を鍛えてあげることで、目を大きくしていきます。

ポイントは「眉毛を動かさないようにすること!」

おでこにシワを作らないで目を大きく見開く意識です。

こうすることで目の回りの筋肉が鍛えられ、目が大きくなる効果、目の周りのむくみ解消効果が期待できます。

 

目の周りの肉を全方向に伸ばす運動

kuku

目が二重に見えなかったり、なんとなく目が腫れっぽく感じてしまうのは、目の周りの脂肪の量が多い事が原因の一つです。

そこで、目の周りの脂肪を燃やすことが二重への近道となります。

そこでおススメしたいのが「肉伸ばし運動」。

目の周りの肉を、指の腹で押さえて伸ばしてあげましょう。

目の下の肉は下へ、上の肉は上へ、横の肉は横へ、という具合にです。

目の血行促進にもなり、パッチリ目にも近づきます。

上目遣い見開き運動

fotolia_70483325_subscription_monthly_m

1番目の運動の発展形として、上目遣いで目を見開いてみるという方法もあります。

目を見開くとき眉を動かさずに行うのがポイントだと上述しました。

今度は上目遣いにして同じようにやってみてください。

白目を向きながらでもいいので、上を見ながら眉を動かさず目を見開く、という感じです。

これも有効なエクササイズの一つです。

まとめ

いかがでしたか?

元から一重、という人はどうしようもないのですが、元は二重だったけど目の周りのたるみやむくみのせいで自分が一重だと思い込んでいる人も多くいらっしゃいます。

今回挙げた方法だけでなく、目のマッサージ方法は多種多様なので、色々な運動を試してみてください。

毎日同じエクササイズだと飽きが来るので、バリエーションを広げておくと楽しくなりますよ!

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事