2017.1.11

老け顔に見える…慢性的な目の下のくまの原因と治し方・治療法

老け顔に見える…慢性的な目の下のくまの原因と治し方・治療法

ここでは、慢性的な目のくまについて解説し、おすすめの治し方もご紹介します。

治療の前に!そもそも目の下のくまの原因とは

若い頃はクマができても一晩よく寝れば治ったのに…。最近、目の下に影ができて老けて見える…。鏡をのぞくと、いつのまにかできた慢性的な目のくまが気になっているという女性は多いです。顔全体の印象も、目のくまやたるみがあると老けて見えるので損ですよね。そして、ファンデーションやコンシーラーでも完全にはカバーできないのが目の下の悩みのつらいところです。

 

目の下にクマが出てしまうのは、やはり加齢によるものです。10代や20代はじめでは、お肌のターンオーバーが活発で、紫外線などのダメージを受けてもキレイな皮膚に生まれ変わっていました。しかし、年齢とともに、新陳代謝が滞り、お肌が茶色く沈着してしまいます。さらには皮膚や脂肪を支える力が弱くなって、たるんでいきます。皮膚がたるんだことで影ができて、目の下は変わっていってしまうのです。

 

お肌の状態は人によって違いますし、顔の骨格でも変化は異なります。遺伝による影響もあるようです。あなたのお母様やおばあ様の年齢を重ねたお顔はいかがですか?目の下に年齢が出ていたようでしたら、注意しておきましょう。

 

加齢や遺伝だけではありません。日々の生活習慣も、ずっと積み重なって目の下に現れます。例えば、食事、睡眠時間、目を酷使する生活を送っていたら、それが隠しきれないようになってくるというわけです。

慢性的な目の下のくまの治し方

そのまま放置しておくと3年後、5年後、10年後、どうなるか考えるととても恐ろしいですよね。

 

目のくま・たるみの治し方としてすぐにできる対策は2つ。毎日のお手入れや日常生活を変えていくこと。それは、今の目の下の状態をキープして、これ以上悪化させないようにするためです。そしてもうひとつは、思い切って美容外科に相談してみることです。

 

慢性的にクマが表れるようになると、いくら高い化粧品を使っても、健康的な生活をおくっても、自分だけでは悩みをなくすことは厳しいです。プロの力に頼って、今のうちに若々しさを取り戻すという選択も考えておきましょう。実際に、勇気を出して治療をしてよかった。もっと早く美容外科に行っておけばよかった。という女性は多いです。

美容外科にできる目の下のくまの治療

美容外科でのクマやたるみ治療は、とても進歩していて、切らない美容整形というのものがあります。ずっと悩んでいたクマやたるみを完治させることができるのです。その中でも、このサイトでおすすめしたいのは、脱脂+脂肪注入という手術です。手術で脂肪を取るだけでなく、クマの下にある溝に、脂肪を注入してあげるWの治療が大事です。ただし、これができるクリニックはまだ数が少ないのが現状。せっかく治療をするなら、良いクリニックを選んでもらいたいです。

各治療法の症例

経結膜脱脂法

脱脂リポ法

脱脂ダブルリポ法

脱脂コンデンスリポ法

関連記事